ピザ釜作り2


ピザ釜プロジェクトの続きです。

火入れした試作機1号ですが、見事撃沈(汗)

理由は煙突無しで燃えるように作ったんですが
強風に弱いことが判明。

あっちこっちから吹いてくる風のため燃焼が安定しませんので

試作機1号を改造して試作機1,1にバージョンアップさせました


ジャーン!!

煙突を取り付けるために改造。
煙突を取り付けて再び火入れ!


燃焼が安定したので庫内の温度チェック
庫内の下板は240度前後


オーブン庫内の上板は390度くらい

ピザ焼きの温度にしては少し低いですが
とりあえず焼いて見ました。


生の生地をのばしてオリーブオイル、トマトソースを塗りチーズを載せたマルゲリータピザ!

2分焼いた写真です。
2分では焼きが甘かったので4分位焼いて見ました。

良い感じに焼けていましたが、3分以内で焼くことが大事なのでこれでは満足できません。

焼き具合、味について

E-OVENやスマートと違う食感でした。

E-OVENやスマートでは、生地の下側がカリカリで
中身がふわふわな「カリ!ふわ~」の焼き上がりになるのですが

究極のピザ釜試作機1,1号は上火が特に強いので
上側の縁の生地がカリカリになっていましたが
下側の真ん中付近はカリッと行きませんでした。
しかしチーズの溶けが凄かったので、先行きが楽しみになって来ました。

後で気がついたのですが焼き方にも問題がありました(汗)
下火が弱い構造なのに、下に角棒を置いて隙間をあけてせっとして
わざわざ下火を弱めるようなセット方法でピザを焼いてしまったのです・・・とほほ

焼き板を直接庫内に置く事で下面もカリッと焼けますね!

次回予告

今回は拾った薪で焚いたのですが
次回はちゃんと温度を上げるように
それなりの薪を用意してチャレンジして見ます。

それと焼き方も見直します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です