薪ストーブ 煙突掃除でアート発見

そして2軒目の煙突掃除のお宅はなんと

さっき掃除した家のお隣さん!

新築のお客様が私の薪ストーブを作らせていただいて、偶然に家がお隣だったと言う事実。

今ではストーブの使い方や料理方法などお互いに共有して楽しんでいるそうです。

こちらも全て赤松薪なのでタールが付着していましたが、

未乾燥の松を燃やしたらしく、凄いことになっていました。

とてもアート的で綺麗だったので緑の中で撮影してみました(笑)

真上から撮るとこんな感じですが〜

薪ストーブの温度が低い時に乾燥の悪い薪を使ったりするとこうなります。

空気の絞りすぎも同様ですのでご注意ください。

薪ストーブの本体の温度を高くキープするとタールは燃えるので

こんな風にはなりませんし、さらに暖かく快適です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です