センサースイッチを大容量に

北澤アート製品 体験宿泊施設「ストーブキッチン ・ゲストハウス」に使う

センサースイッチと電磁接触器(マグネットスイッチ)が届きました。

センサースイッチ¥1380

電磁接触器¥1677

合計 ¥3057

トイレに設置する800Wのハロゲンヒーターを人感でON OFFするためです。

貸切の宿泊施設なのでスイッチが入りっぱなしになってしまうと電気をたくさん使うので、

経費削減と今度導入するソーラー発電に対応できるように考えてみました。

 

本体の刻印を見ると110V 〜500W・220V〜1200W とあります。

110Vで500Wなら220Vなら1000Wじゃないかなぁ?だいぶ怪しいと思いながら

本体を開けて配線を見てみると、システムの中の電線がだいぶ細かったので(笑)

センサースイッチはマグネットスイッチを動かすだけの仕事にして

マグネットスイッチでストーブのON OFFを行うシステムを作ります。

マグネットスイッチの定格使用電流は20Aで

トイレに使うヒーターは800Wなので8A。余裕で使えます。

こんな事が出来るのも電気工事士の資格があるおかげです。

学校ではこの制御系の授業が一番大好きだったなぁ

もっと本格的な制御盤作りたいなと思いながら作業。

大容量センサースイッチ

電線は倉庫の片隅に眠っていた2SQのケーブルの先端をハンダで固めて接続。

今日は制御系だけ配線してみました。

宿に行ったら、天井裏に登って配線を取り出して設置してみます!

楽しみだなぁ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。