ピザ釜作り3

究極のピザ釜作りその3

昨日の予告通り薪を揃えました。

とりあえず、25cmの松の薪重量は約2kgです。

薪ストーブ用のナラの薪に重量換算すると中割1本か小割2本位です。

こんな感じ。

着火して450度を超えるまでに約40分。

E-OVENやスマートの方が温度の上がり方は早いです(汗)

それではピザをオーブンへいつものようにマルゲリータ!

そして2分後

もう焼けました♪♪

温度はok

問題の味・・・・・・

いつも焼いているE-OVENやスマートとなぜか違う・・・・

上火が強すぎて、下火が弱いためか?

いや、下もそこそこ焼けてるし・・・・

上火と下火のバランスのちがいかな?

味的にE-OVENやスマートで焼いた方が美味しいような?

好みのさかもしれませんが、やはり究極のピザ釜プロジェクトとしては納得出来ないわけです[:重要:]

次ぎはとりあえず3分焼いて見ました。

温度も焼き方も良いはず!!!!

そして再び試食!!

カリカリでクリスピーピザとしては出来は上々です。

石窯ピザに似ている焼き具合です。

私の作っているE-OVENやスマートや薪ストーブのオーブンで焼いたピザが100点満点だとすると

試作機1.1号機は95点というところでしょうか。

家族みんながそう言うので間違いないと思います。

やはりE-OVENやスマートや薪ストーブのように下が火室で上オーブンのタイプのオーブンが究極体に近いんですね!

まあ、このタイプのオーブンは私が薪ストーブを造り初めたときは何処にも無かったわけで

私がオリジナルで試行錯誤して約20年焼き上がりの味を追求して

作り上げてきたので美味しく焼けないわけはありませんが[:チョキ:]

やはりバランス良く火が入る方が食材が美味しくおいしくなるのかもしれません。

次回はその辺を考慮して

試作1,1号機から試作2号機にバーションアップさせなければ!

と言う事で究極のピザ釜作り試作2号機は

スマートをベースにピザ焼きに特化した設計に入ります!!

ここまででわかったことは、E-OVENやスマートの性能の良さをあらためて実感

究極に近い物が身近にあるのになんという回り道をしてるのやら。

灯台下暗しでしたが、くじけず頑張ります。

次回をお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です