種子島 伊関地区 農泊 焚き火&BBQ取り扱い講習会

2日間に渡る講習会を無事終えることが出来ました。

講習会のだいぶ前から現地入りして、地域の素材で新しいBBQレシピの開発も行いました

ヤブジュンも沢山頑張りました!

全ての素材が種子島の地域素材!

伊関バーグと勝手に命名!!

獲れたてのキビナゴで(種子島ではキビナゴの事を「ザコ」呼ぶ)

アンチョビならぬ簡単ザコチョビを作ったら激ウマ!!

レシピはOK!!

残るは講習会の資料作り。

講習会の前日までかかってなんとかまとめ上げました!

そして講習会の当日を迎えました。

ビールケースの机で講習開始(笑)

2時間みっちり座学で基本の説明をさせていただきました。

話の都度参加者と会話をして真剣の中にも笑いあり

充実した2時間になりました。

 

午後は実践編です

地域の方を呼んでゲストを満足させるための実践です。

ゲストもホストも一緒に準備してみんなで一緒に食べるスタイルの

欧米スタイルのBBQです

 

ホストは座学で学んだ通り滞りなくBBQは進んでいきました。

 

 

新メニューは大好評!

無事夜の部も終了!

翌朝

最終日の講習会は海岸で石でカマドを作って流木が燃料で行うBBQ

炎天下爆暑さの為、まずは日陰を確保

そしてかまど作りをして焚き火。

着火方法も前日の座学通り行い即着火!

薪の組み方も調理に有効的な並行組みで

ご飯を炊いて、カレーを作ってみんなで食べました。

反省会をして全ての講習会が終了です。

 

みなさんとても喜んでくれて

スキルアップできた講座になりました。

また機会があれば別の街でも開催したいと思いました。

種子島の伊関地区の皆様ありがとうございました。

 

One thought on “種子島 伊関地区 農泊 焚き火&BBQ取り扱い講習会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。