ウッドガスストーブ

ウッドガスストーブの焚き火台を作ってみました。

ウッドガスストーブとは

薪ストーブの2時燃焼が目の前で見えるのがウッドガスストーブの特徴で

煙=薪から出た未燃焼ガスが加熱された空気に触れて燃焼します。

今回は鋼管で作ってみました。

鋼管を適当な長さでカット

穴を開けました。

ここが燃焼筒ですが、厚さ6mmなので

厚いので裏の空気が加熱されて2時燃焼の温度になるのに時間がかかりそうですが

薪ストーブの中はもっと分厚いのでうまく行くと思います。

試作第1号の動画を撮ってみました。

未燃焼ガスが熱い酸素に触れて燃焼しているところが見られました。

もう少し効率良く改良してストーブキッチン ゲストハウスにおくことにします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。